【Adobe CC】特別価格で誰でも学生教職員版が半額以下で使える! 約54%オフのオンラインスクール受講とは

目次
  1. 1. Adobe CC を学生・教職員で使えたらいいのに…
  2. 2. オンラインスクール生徒用の Adobe CC がある
  3. 3. フリーランス・個人事業主はオンラインスクール版の Adobe CC 必携
  4. 4. ヒューマンアカデミーたのまなの Adobe CC なら、29,800 円(税込)/年から
  5. 5. ヒューマンアカデミーたのまなの Adobe CC がオススメな理由
    1. 5.1. Adobe CC を勉強したい人向けに多彩なプランが用意されている
    2. 5.2. 支払い方法がいろいろ選べる
  6. 6. まとめ  Adobe CC が必要な個人は、ヒューマンアカデミーたのまなで申し込むのが断然お得

Adobe CC を学生・教職員で使えたらいいのに…

Adobe CreativeCloud(以下、Adobe CC)は高いです。パッケージで何十万円もしていたころに比べれば、年間で使う金額は安くなったのですが、それでも年間 6 万円以上します。

Adobe CC 個人版のコンプリートプランは年額 59,760 円です。これは税別の価格なので、税込にすると、年間 64,540 円もの出費になります。

これが毎年必要経費として消えていく… 仕事に必要なものとはいえ、なるべく安く抑えたいですよね。

Adobe CC には学生・教職員向けのプランがあり、これだと年間 25,660 円(税込)になるのですが、これは文字通り、学生や学校職員の方向けのプランであり、一般の我々には利用できないプランです。

オンラインスクール生徒用の Adobe CC がある

ところがこの Adobe CC、裏技的というか、かなり安く利用する方法があります。ちゃんと合法的な手段です(違法コピーとかじゃないですよ!)。それは、Adobe が提携しているスクールの生徒になり、その生徒用の Adobe CC を契約するという方法です。

実はこの方法、Adobe の公式には載っていないので、知らない人は普通に Adobe 公式で契約しちゃうと思うんですが、ちょっと待ってください! この記事を読んだ人は、最大で半額以下まで安くすることができるので、ぜひ最後まで読んで欲しいです。

フリーランス・個人事業主はオンラインスクール版の Adobe CC 必携

このやり方、1つだけ条件があります。それは個人での利用であるということ。法人での契約はできません。でも、個人での利用であれば、個人事業主やフリーランスとしての仕事に利用するのは全く問題ありません。従って、フリーランスで Adobe を使う仕事をする人は、ほぼ無条件でこのプランを使うことができます。

ヒューマンアカデミーたのまなの Adobe CC なら、29,800 円(税込)/年から

ヒューマンアカデミーたのまな Adobeオンライントレーニング通信講座のスクリーンショット

ヒューマンアカデミーはスクール事業をやっている会社ですが、オンラインスクールもやっています。そのブランドがたのまなです。(楽しく学ぶ、から来てるのかな? 多分)

このたのまなには、ヒューマンアカデミーのたのまな Adobe トレーニング通信講座という講座があり、この講座を受講する人には、学生・教職員用の Adobe CC を使う権利が付属してきます。それも 1 年しっかり使えるのが。

で、このたのまなの講座には 5 つのプランがあります。それぞれオンラインビデオの受講期間と Adobe CC の利用期間の組み合わせで価格が異なるんですね。

スクール受講期間 1 ヶ月 スクール受講期間 3 ヶ月 スクール受講期間 12 ヶ月
Adobe CC 1 年 29,800 円(税込) 34,560 円(税込) 67,716 円(税込)
Adobe CC 3 年 100,244 円(税込) 162,000 円(税込)

上記は、記事執筆時のキャンペーン価格です。時期によってキャンペーン内容が異なる可能性があるので、注意してください。

ただ、たのまなの Adobe トレーニング通信講座は、ほとんどいつもキャンペーンをやっているので、常に上記に近い金額で購入できます。たまに月初の数日だけ通常価格にしていることがあるようですが、数日するとキャンペーンが始まります。

さて、こうやって価格を見比べてみると安さが際立ちますね。

Adobe CC 公式 1 年 たのまな 1 ヶ月受講 Adobe CC 1 年 割引率
64,540 円(税込) 29,800 円(税込) 53.8%OFF!

なんと、半額以下です!

ヒューマンアカデミーたのまなの Adobe CC がオススメな理由

で、この Adobe 認定のオンラインスクールというのが、いくつかあります。有名なのがデジハリ ONLINE の Adobe マスター講座というものなのですが、私からはそれではなくたのまな Adobe トレーニング通信講座の方をオススメします。

なぜかというと、選択肢があるからなんですね。デジハリ ONLINE のほうは、1 ヶ月のビデオ受講と 1 年分の Adobe CC のセットプランしかないんです。

たのまなのプラン比較表をもう一度見てみましょう。

Adobe CC を勉強したい人向けに多彩なプランが用意されている

スクール受講期間 1 ヶ月 スクール受講期間 3 ヶ月 スクール受講期間 12 ヶ月
Adobe CC 1 年 29,800 円(税込) 34,560 円(税込) 67,716 円(税込)
Adobe CC 3 年 100,244 円(税込) 162,000 円(税込)

ビデオ受講期間が1 ヶ月、3 ヶ月、12 ヶ月と選べるんですね。本当に Adobe CC を使いたいがために割り切ってしまうのであれば、デジハリもたのまなの一番安いプランも同じ受講期間と価格なんです。

でも、たのまなの方は、きちんと学びたい人のために、3 ヶ月と 12 ヶ月という長めの受講期間のプランも用意されています。その分金額が高いのですが、それは受講料の分というわけですね。

ですから、

  • とにかく安く Adobe CC を手に入れたい人  →   29,800 円(税込)のプラン
  • Adobe の勉強もしたい人  →   34,560 円(税込)のプラン
  • じっくり腰を据えて Adobe の勉強をしたい人  →   67,716 円(税込)のプラン
  • Adobe CC3 年分使いたい人  →   100,244 円(税込)のプラン
  • Adobe CC3 年分使って、なおかつじっくり腰を据えて Adobe の勉強したい人  →   162,000 円(税込)のプラン

という感じになります。

支払い方法がいろいろ選べる

デジハリ たのまな
クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
Amazon Pay ×
NP 後払い ×
代引き決済 ×
オリコ教育ローン ×

上記のように、たのまなのほうが支払い方法は多彩です。特に、オリコ教育ローンが使えるのが大きいですね。

Adobe CC 3 年分のプランの場合、金額も 10 万超えてくるので、分割払いにしたい人も多いでしょう。しかしクレジットカードの分割払いにすると金利手数料がバカになりません。

オリコの教育ローンだと、クレジットカードの分割払い金利よりは安くなるので、負担が軽く済みます。

一括で払うにしても、デジハリとは違って Amazon Pay とか NP 後払いとか代引き決済が出来るとか、選択肢が豊富です。Amazon のポイントが余っている人なんかは、Amazon Pay が使えるたのまなで申し込んだほうが得でしょうね。

まとめ  Adobe CC が必要な個人は、ヒューマンアカデミーたのまなで申し込むのが断然お得

  • Adobe CC には、スクール限定の学生・教職員向けパーソナルプランがある
  • その指定校はいくつかあるが、ヒューマンアカデミーのたのまながおススメ
  • 受講期間の長さに応じて複数の金額プランが用意されている
  • 多彩な支払い方法。オリコの教育ローンも可能

というわけで、Adobe CC をおトクに賢く手に入れる方法がお分かりいただけたと思います。

内容の確認や、申込みは、下記の公式サイトから

いやー、安すぎですよね。私も来年からコレにしようと思います。

この記事が参考になったら、シェアお願いします!