【2020年版】Illustratorの入手方法(価格、買い方、契約の仕方)

目次
  1. 1. 読むのがめんどくさい人へ
    1. 1.1. Adobe Illustrator単体で購入したい人
    2. 1.2. Adobe CreativeCloud コンプリートプランを購入したい人
    3. 1.3. 安さの理由について詳しく知りたい人は、本文をお読みください
  2. 2. Adobe Creative Cloudについて知る
    1. 2.1. Adobe Creative Cloud で提供されるアプリケーション群
    2. 2.2. Adobe Creative Cloudの契約方法
    3. 2.3. Adobe公式サイトで契約する場合の利用料金(価格)
  3. 3. Illustrator単体で利用する場合の価格
  4. 4. Illustrator単体で利用する場合、もっと安くならないのか
    1. 4.1. AmazonでIllustrator単体プランのクーポンコードを買う
    2. 4.2. Adobe Creative CloudやAmazonのセール期間を狙う
      1. 4.2.1. 割引率
      2. 4.2.2. 割引率
  5. 5. 買い切り型のIllustratorは無いの?
  6. 6. Illustrator以外のアプリを3つ以上一緒に利用するなら、コンプリートプラン契約が必要
    1. 6.1. 紙媒体の現場
    2. 6.2. 映像制作の現場
    3. 6.3. Web制作の現場
    4. 6.4. クリエイティブ制作の現場では、Illustrator単体というのはありえない
    5. 6.5. Adobe公式の価格設定では、アプリを3つ以上使うならコンプリートプランがお得になる
  7. 7. Illustrator含めて3つ以上のCCアプリを使いたいなら、オンラインスクールの契約がオススメ
    1. 7.1. Adobe認定のスクールってどこ?
    2. 7.2. 【各社共通】価格の内訳=講座+Adobe CCコンプリートプラン
      1. 7.2.1. ヒューマンアカデミー たのまな
      2. 7.2.2. デジタルハリウッド
      3. 7.2.3. アドバンスクールオンライン
    3. 7.3. 【各社共通】スクールの教材は必ずしも受講しなくても良い
    4. 7.4. 【各社共通】付いてくるAdobe CCは、Adobe公式のコンプリートプランと全く同じ
    5. 7.5. 【各社共通】仕事に使ってもOK
    6. 7.6. AdobeCCは更新できるのか、2年目以降はどうしたらいいの?
    7. 7.7. 申し込むなら、ヒューマンアカデミー たのまながオススメ
      1. 7.7.1. デジハリと1位タイで低価格
      2. 7.7.2. 受講期間が多彩なコース
      3. 7.7.3. Mac同梱プランもある
      4. 7.7.4. 支払い方法が多彩
      5. 7.7.5. 総合的に考えて、デジハリよりヒューマンアカデミー たのまなのほうがオススメ
      6. 7.7.6. たのまなでIllustrator含むAdobe CC同梱コースを利用する上での注意点
  8. 8. Illustrator購入に関する、よくある質問
    1. 8.1. Adobe Illustratorを単体で利用するには、どうしたらいい?
    2. 8.2. Adobe Illustratorを単体で利用する場合、安く購入する方法はあるの?
    3. 8.3. 買い切り型のIllustratorはあるの?
    4. 8.4. IllustratorとAdobe CCアプリ2つ以上を使いたい
    5. 8.5. AdobeCCが付属するオンラインスクールはどこがオススメ?
    6. 8.6. オンラインスクール付属のAdobe CCは、Adobe公式で契約するのと何が違うの?
    7. 8.7. オンラインスクール付属のAdobe CCは、フリーランス(個人事業主)の仕事に使っていいの?
    8. 8.8. オンラインスクール付属のAdobe CCは、2年目以降も使えるの?
  9. 9. まとめ

Adobe Illustratorの購入を考えているみなさん、こんにちは! このページでは、2020年におけるAdobe Illustrator(イラストレーター・イラレ)の購入や契約方法、入手方法について説明しています。

Adobe Illustratorの購入には、いくつかの方法があるので、自分にとって最適な購入方法を選択してください。

なお、本記事で紹介している価格は、2020年4月12日現在のものです。ご注意ください。

読むのがめんどくさい人へ

この記事では、少しでも安くIllustratorの購入方法について記載しています。長文ですが、読むのがめんどくさい人は、下記リンクから直接購入先へ遷移してください。

Adobe Illustrator単体で購入したい人

Amazonの2年または3年先払いクーポンコードを購入してください。5%程度割引になります。

Adobe CreativeCloud コンプリートプランを購入したい人

Illustratorだけでなく、PhotoshopやInDesign、AfterEffectsやPremirer Proもセットで使いたい方は、Adobeの通信講座「たのまな Adobeコース」を契約してください。
通信講座にセットでAdobe CreateviCloudコンプリートプランが付属してきます。

安さの理由について詳しく知りたい人は、本文をお読みください

このページでは、Adobe Illustratorをいかに安く購入できるかについて研究を重ねた結果を紹介しています。なぜこの価格で購入できるのか知りたい人は、ぜひ本文を読んでください。

Adobe Creative Cloudについて知る

まずは、Illustratorの入手方法の前に、Adobe Creative Cloud について知っておく必要があります。

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)とは、アドビシステムズが開発している、グラフィックデザイン及び動画編集、ウェブデザインのアプリケーションソフトウェアをサブスクリプション方式で利用できるサービス、及びそれに属するソフトウェア群とクラウドサービスを指す。略称は CC。
Adobe Creative Cloud(ウィキペディア)

上記は、ウィキペディアのAdobe Creative Cloudのページより、冒頭を抜粋した文章です。

Adobe社は、クリエイティブ用途に用いるアプリケーションをたくさん提供しています。Adobe Creative Cloudは、それらのソフトをサブスクリプション形式で利用できるようにしたクラウドのサービスです。

サブスクリプションとは、継続課金などと訳されますが、要は毎月や毎年といった単位でお金を払って使用する仕組みのことです。

身近なところでは、賃貸住宅の家賃や、携帯電話の基本料金などが、サブスクリプションサービスの典型例といえます。

Adobe Creative Cloud で提供されるアプリケーション群

Adobe Creative Cloudでは、以下のアプリケーションが提供されています。

  • Photoshop(フォトショップ)
  • Illustrator(イラストレーター)
  • Dreamweaver(ドリームウィーバー)
  • XD(エックスディー)
  • Animate(アニメート)
  • AfterEffects(アフターエフェクツ)
  • Premiere Pro(プレミアプロ)
  • Audition(オーディション)
  • InDesign(インデザイン)

この他にも、便利なユーティリティやスマホ・タブレット向けのアプリも存在します。

上記にも書いたとおり、Illustratorは、Adobe Creative Cloud(Adobe CC)に含まれるアプリケーション です。

Adobe Creative Cloudの契約方法

Adobe Creative Cloudの利用は、いくつかの方法に分かれます。

  • Adobe公式サイトで契約する(クレジットカード決済)
  • Amazonなどでクーポンコードを購入する(任意の決済方式)
  • オンラインスクールと契約して、教材として利用する(任意の決済方式、オススメの方法★)

上記3つについては、後ほど詳細に説明します。

また、Adobe公式サイトと契約する場合、利用したいアプリケーションの個数によってもプランが異なります。

  • アプリケーションひとつずつ契約する単体プラン
  • CCに含まれるすべてのアプリケーションを利用できるコンプリートプラン

に分かれています。

Adobe公式サイトで契約する場合の利用料金(価格)

Adobe公式では、個人と法人によってプラン体系が異なります。また、学生・教職員向けのプランと、教育機関向けのプランもあります。

個人で趣味や個人事業(フリーランス)として使いたい場合は、個人プランを。会社で業務として使用する場合は法人プランを選んでください。

学生、教職員の方は学生・教職員プランがお得です。

学校やスクールを経営している、あるいは勤めている学校やスクールでAdobe CCを導入したいという方は、教育機関向けプランとなります。

以下では、教育機関向けプランを除く、Illustratorが使えるプランの料金を抜粋しました。

個人 法人 学生・教職員
単体プラン 2,480円/月(税別) 3,780円/月(税別) (なし)
コンプリートプラン 5,680円/月(税別) 7,980円/月(税別) 1,980円/月(税別)
Illustratorプラン (なし) (なし) 980円/月(税別)

まず、学生・教職員の方は、学生・教職員プランが圧倒的に安いことが分かりますね。また、このプランの場合、Illustrator単体で使えるプランが月額980円となっており、個人で単体プランを選ぶより安くなっているのも見逃せません。

Illustrator単体で利用する場合の価格

さて、上記で説明したAdobe公式サイトでの契約の場合で考えてみましょう。

一般の個人の方がIllustratorを単体で利用するには、上記単体プランが適用されます。個人の方の場合、月額2,480円です。法人での利用の場合は、法人プランの月額3,780円が、利用価格として必要になります。

Illustrator単体で利用する場合、もっと安くならないのか

個人での利用だと、月額2,480円(税別)ってのは、結構厳しい額ですよね。でも、そこはプロ向けのソフトなので、致し方ないところ。

「でも、ちょっとでも安く買う方法はないのかな?」と思ったアナタ! 無くはないですよ! 以下の方法で、少し安く利用することが出来ます。

AmazonでIllustrator単体プランのクーポンコードを買う

Illustrator以外のアプリを3つ以上一緒に利用するなら、コンプリートプラン契約が必要

さて、ここまではIllustratorを単体で購入すること、その料金、さらに安く買う方法をご紹介してきました。

しかし、実際の業務において、Illustrator単体だけで完結するというのは少ないのではないでしょうか。

筆者は様々なクリエイティブの現場を渡り歩いてきましたが(紙媒体、映像、Web)、どれも「Photoshopだけ」とか「Illustratorだけ」というような業務はありませんでした。

傾向から言うと、各業界では以下のようなパターンでAdobeのソフトを組み合わせながら仕事しているイメージです。

紙媒体の現場

  • Illustrator
  • Photoshop
  • InDesign

紙媒体はIllustratorが主力です。版下データの作成に必要不可欠だからですね。その版下に差し込む写真の補正にPhotoshopを使います。また、冊子などのページものと言われるエディトリアルデザインには、InDesignを使います。

映像制作の現場

  • Premiere Pro
  • After Effects
  • Photoshop
  • Illustrator

Premiere Proは、映像編集のアプリですね。After Effectsは、撮影した映像を処理したり、2DCGを作成するアプリです。そして、それらの静止画素材をPhotoshopやIllustratorで作成する感じです。

Web制作の現場

  • Photoshop
  • XD
  • Illustrator
  • Dreamweaver

Photoshop/XD/Illustratorのいずれかでデザインカンプを作り、Dreamweaverでコーディングを行います。人によっては、Dreamweaverは使わず、他のコーディングエディタを使うこともあります。

クリエイティブ制作の現場では、Illustrator単体というのはありえない

このように、クリエイティブ制作の現場では、必ずといっていいほど、複数のAdobe Creative Cloudアプリを使っています。

従って、実際の業務にはIllustrator単体プランだけ契約するというのは、あまり考えにくいのです。

Adobe公式の価格設定では、アプリを3つ以上使うならコンプリートプランがお得になる

さて、前述のAdobe公式での契約プランですが、個人の場合

  • 単体プラン 2,480円
  • コンプリートプラン 5,680円

となっていますね。単体プランを2個のアプリケーションに割り当てると4,960円ですが、3個割り当てようとおもうと、7,440円となってしまい、コンプリートプランのほうが安くなります。つまり、

  • 同時に使いたいアプリが2個 → 単体プランを2つ契約
  • 同時に使いたいアプリが3個以上 → コンプリートプランを契約

するよう価格設計されているわけです。

ということは、Illustrator含めて3つ以上のAdobeアプリを使いたい場合、コンプリートプランを契約し、月5,680円払うしかないのでしょうか?

Illustrator含めて3つ以上のCCアプリを使いたいなら、オンラインスクールの契約がオススメ

結論から先にいうと、Adobe認定のオンラインスクールとの契約がオススメです。

「何いってんの、欲しいのはIllustrator含め、Adobe CCアプリなんだけど、なんでオンラインスクールと契約するの?」と思われるでしょうが、落ち着いてください。

世の中にはパソコンスクールがありますよね。最近では教室へ通わず、スクールが用意した動画教材をネットで見ながら学習する方式が人気です。それがオンラインスクールです。

学習する題材は色々ありますが、その中にWebやDTPの勉強ができるコースがあります。そして、Adobe認定のスクールでは、教材としてAdobe CCがコースに付属するのです。

Adobe公式には、学生・教職員プランというのがありましたが、既に社会人になっていて、もう学生じゃないよ、って人でも、このスクールに入れば、Adobe CCが手に入ることになります。

Adobe認定のスクールってどこ?

はい、気になりますよね。有名なところでは、以下がそうです。おすすめ順に並べてみました。

【各社共通】価格の内訳=講座+Adobe CCコンプリートプラン

いずれの各社も、独自の教材とAdobe CCをセットにした価格で販売しています。

教材の内容や学習可能期間によって金額が異なります。以下は、最安で受講できるAdobeCC付属の講座価格です。




Adobe Illustratorを単体で利用する場合、安く購入する方法はあるの?

Amazonで、2年版、3年版のプロダクトコードを購入すると、1ヶ月分から1.5ヶ月分程度の金額が安くなります。


買い切り型のIllustratorはあるの?

Illustrator CS6を中古で購入するという方法はあるが、オススメではない。


IllustratorとAdobe CCアプリ2つ以上を使いたい

  • Adobe公式から、コンプリートプランを選んで契約する
  • AdobeCCが付属するオンラインスクールと契約する(←オススメ。約49%オフ)

AdobeCCが付属するオンラインスクールはどこがオススメ?

支払い方法の多彩さなどから、ヒューマンアカデミー たのまながオススメ。


オンラインスクール付属のAdobe CCは、Adobe公式で契約するのと何が違うの?

Adobe公式のコンプリートプランと全く同じです。


オンラインスクール付属のAdobe CCは、フリーランス(個人事業主)の仕事に使っていいの?

使ってOK!


オンラインスクール付属のAdobe CCは、2年目以降も使えるの?

もちろん、2年目以降の料金を支払えば、継続利用できます!

まとめ

いかがだったでしょうか。Illustratorの購入方法と一口にいっても、様々な契約の仕方や、お得に利用する方法があるということが分かったかと思います。

Adobe公式で契約するのが手っ取り早いのですが、他に安く購入する方法も実はあるのです。

特に、Illustrator以外のCCアプリもたくさん使っていきたいという人には、ヒューマンアカデミー たのまながオススメです。

このように、自分のIllustratorの使い方にあった、なおかつお得に購入できる方法で、Adobe Illustratorをゲットしてください!