Illustratorの基本、パスを理解する

Illustratorの基本は、なんと言っても、パスです。パスを制す者は、Illsutratorを制す、といっても過言ではありません。

他にも便利な機能や作画機能はありますが、最終的にはパスに変換して微調整することも多いです。

この記事では、Illustratorを始めるにあたって、まず最初に知っておきたいパスの基礎知識について学びます。

目次
  1. 1. パスとは
    1. 1.1. ベジェ曲線
  2. 2. アンカーポイントとハンドル
  3. 3. オープンパスとクローズドパス
  4. 4. 塗りと線
  5. 5. まとめ:パスは、Illustrator における作画の基本

パスとは

Illustrator において、パスとは、ベジェ曲線によって構成される線、または図形のことです。

単純な図形から複雑な図形まで、2 次元で表現できる図やイラストであれば、どんな複雑な曲線でも再現することができます。

ベジェ曲線

ベジェ曲線は、自動車のデザインをするために開発された、コンピューターグラフィックス(CG)用の作図概念です。開発した人の名前をとって、ベジェ曲線と呼ばれています。

ベジェ曲線(ベジェきょくせん、Bézier Curve)またはベジエ曲線とは、N 個の制御点から得られる N − 1 次曲線である。フランスの自動車メーカー、シトロエン社のド・カステリョ(英語版) とルノー社のピエール・ベジェにより独立に考案された。ド・カステリョの方が先んじていたが、その論文が公知とならなかったためベジェの名が冠されている[1]。コンピューター上で滑らかな曲線を描くのに 2 次ベジェ曲線 (Quadratic Bézier curve) や 3 次ベジェ曲線 (Cubic Bézier curve) などが広く利用されている。
ベジェ曲線 - Wikipedia

ベジエ曲線は、Illustrator に限らず、他のグラフィックソフトや 3DCG、CAD ソフトなどでも利用されています。

初めてベジェ曲線を学ぶ人は、最初思い通りに操作できないかもしれません。しかし、コツを掴むと、滑らかな曲線を簡単に描くことができるようになります。イメージとしては、しなやかな針金で、図形を形作って行くような感じです。

Illustrator には、ベジエ曲線以外にも図形を書く方法もありますが、ベジエ曲線(ペンツール)で作画することが一般的ですので、早いうちに慣れたほうが良いでしょう。

アンカーポイントとハンドル

ベジエ曲線は、アンカーポイントとハンドルによって構成されています。アンカーポイント(点)とアンカーポイントの間に線が引かれます。ハンドルは、アンカーポイントの両側に飛び出す操作棒で、操作のときしか表示されません(作画したものには見えないのでご安心を)

アンカーポイントには、ハンドルを持った状態と持たない状態があります。持たない状態では、アンカーポイント間の線は直線に、ハンドルを持ったアンカーポイント間では、曲線になります。

ハンドルの長さと向きによって、ポイント間の曲線の曲がり方、向き、曲率などが変わってきます。

パスを構成している各要素

オープンパスとクローズドパス

パスには、オープンパスとクローズドパスの 2 種類があります。パスそのものは線でしかありませんが、その線が全周で閉じているか開いているかの違いになります。

この違いは、次節で述べる塗りと線が設定された時に、見栄えの差が生じます。(下の図では、塗りに色を設定しています。)

オープンパスとクローズドパス

塗りと線

パスには、色を塗ることができます。色の設定には、「塗り」と「線」の 2 種類があります。

色の設定は、カラーパネルで変更できます。

塗りと線

塗りは、パスの内周を塗りつぶす時の色です。オープンパスの場合、両端のアンカーポイント間が直線で塗りつぶされます。

線は、パスに沿って描かれる色です。線の太さや設定は、線パネルで変えることができます。

イラストを描く場合、塗りで各対象の色を決め、線で輪郭を描くようにします。

塗りも線も、色を設定しない「透明」という状態にすることも可能です。

地図などの図表を描く場合、道路や鉄道は、線に色と太さを設定して描きます。塗りで作った場合、後から修正する時のアンカーポイントが多くなってしまい、扱いづらいからです。

いずれにしても、各対象によって、どの部分の色を線で色づけするか、塗りで色付けするかは、作画者の意図によって決めることとなります。塗りと線の特性を理解して、うまく使わけることが重要です。

まとめ:パスは、Illustrator における作画の基本

  • パスは、ベジェ曲線で作成される
  • オープンパスとクローズドパスがある
  • 塗りと線という、2つの色の概念がある

いかがでしたか?

イラストにしても図表にしても、Illustrator において、パスは避けては通れない要素のひとつです。ベジエ曲線は、初めのうち上手く扱えないかもしれませんが、作画に必要不可欠なので、是非マスターしてください。

慣れれば、頭の中で思い描いた図形をスイスイ描く事ができるようになりますよ。