Illustratorを独学で勉強するにはどうしたらいい?

Adobe Illustratorは、プロも使う業務用のアプリケーションです。仕事が目的の場合、会社で操作方法の研修やレクチャーを受ける人もいると思います。

しかし、そういう環境がなく、独学で学ぶ必要がある人もいます。そういう人は、どのようにして学ぶべきでしょうか?

目次
  1. 1. まだ Illustrator を購入していない方は
  2. 2. 本を読んで学ぶ
  3. 3. スクールに通う
  4. 4. オンライン講座を受講する
  5. 5. Illustrator を独学で勉強するには、どれを選ぶべき?
    1. 5.1. 価格重視なら断然、本による学習がオススメ!
    2. 5.2. 覚悟を決めて「絶対に習得する!」と思うなら、スクールがオススメ!
    3. 5.3. スクールよりも安価! オンライン講座のメリット

まだ Illustrator を購入していない方は

↑ こちらの記事で、Illustrator の月額費用と、安く買う方法を解説しています。ご参考になさってください。

本を読んで学ぶ

Illustrator は歴史の長いソフトのため、解説書がたくさん出ています。また、常にプロの業界最前線で使われるソフトのため、バージョンアップと需要が常にあるため、毎年新しい本が定期的に出版されています。

Amazon で検索すると、たくさん見つかります。Amazon で評判の良いものを探すか、実際に本屋さんへ訪れて、紙面を手にとって確認するのもよいでしょう。なるべくスクリーンショットが多く入っていて、チュートリアルの多い物が実践的です。

以下は、私が実際に読んでみて、これから Illustrator を始める人に優しい内容だな、と思った本を中心に紹介します。

ロクナナワークショップという、Illustrator の講座を行っている Web 系のスクールが監修した Illustrator の教科書です。

初学者に分かりやすく基本操作を中心に解説されています。

Illustrator をインストールしたてで、何から触って良いかわからない人向けの本です。

Illustrator の基本機能を中心に、チュートリアル形式で演習を進めるタイプの本です。

実際のデザイン制作作業よりも単純化されていますが、実際の業務でどのように使うかイメージはつきやすいと思います。

Illustrator の基本操作を覚えて、初めて実務に活かしたい、という方向けの書籍です。

こちらは、Illustrator でやりたいことを、どのように操作すれば実現できるのか、いわゆる「逆引き」系の本です。

Illustrator の基本操作が理解できて、なおかつ「こんな表現してみたい」とか「実際の広告でみたこんな感じのエフェクトをかけてみたい」といった具体的な操作について学ぶことができます。

ある程度 Illustrator を触り込んでみて、色々なグラフィックデザインの「表現」にトライしてみたい方向けの書籍となります。

この本は、実務において求められる Illustrator のテクニックが詰め込まれた本です。

しかも、タイトルの通り「時短」がテーマなので、いかに効率よく作業するかという点にフォーカスが置かれています。

Illustrator の基本機能を組み合わせたテクニックになるので、基本機能を理解できている方向けで、なおかつ実務に役立てたいプロ向けの本です。

スクールに通う

パソコンスクールや、クリエイター養成スクールなどで、Illustrator を学べる講座が開講されています。

都市部に限られてしまいますが、実際にスクールに通うことで、講師に質問しながら勉強できるのは大きなメリットです。本を読んだだけでは、操作がわかりづらいこともあります。スクールに通う方が、結果的に身につくのが早いかもしれません。

また、どのスクールも平日の夜または土日に開講するなど、社会人でも通いやすいスケジュール設定がされています。昼間に仕事をしながら通うことも出来ますね。

そうそう、首都圏の人のみになってしまうのですが、Web 制作会社で有名な LIG が、スクールのデジタルハリウッドと組んだサービスが有名です。Illustrator のみのコースではないのですが、Web デザインを包括的に学べるスクールが開講しています。もちろん、イラレの授業もありますよ。

オンライン講座を受講する

オンライン講座とは、インターネットを使ったビデオ教材で学習する仕組みのことです。ビデオだけでなく、補足テキストや、サンプルのデザインデータなどが用意されている場合もあり、実際に Illustrator を操作しながら進められます。

Udemy は、オンラインビデオの学習サービスで、デザイン系の教材に限らず、幅広いジャンルの動画教材が揃っています。もちろん Illustrator の講座もあるので、探してみてください。

Illustrator を独学で勉強するには、どれを選ぶべき?

ここまで、3つの学び方を紹介してきましたが、果たしてどれが 1 番良いのでしょうか?

価格重視なら断然、本による学習がオススメ!

この 3 つの中では、本による学習が 1 番安く済みます。本の良し悪しにもよりますが、自分に合った本が見つかれば、大体 2~3,000 円程度 の出費で、Illustrator の使い方を学ぶ事ができます。

もし本の内容が気に入らなくても、古本屋で処分して、新しい本を買い直せば良いでしょう。そういう意味でも、気楽な学び方といえます。

ただし、Illustrator や、自分が学習する用のパソコンは自前で用意しないといけません。Illustrator を持っていない人、用意出来ない人は、まず入手する予算を考えたほうが良いでしょう。

このサイトでは、Illustrator の入手方法についてまとめた記事もあるので、確認してください。

覚悟を決めて「絶対に習得する!」と思うなら、スクールがオススメ!

スクールに通うメリットは、なんと言っても講師の先生と直接話せるという点でしょう。Illustrator を学ぶ上で分からないことが出てきたら、対面で質問できるのはスクールならではの良さです。

反面、スクールはそれなりに費用がかかる点がデメリットです。コースにもよりますが、数十万円かかると考えておいた方が良いでしょう。講師の人件費や、教室の家賃、生徒用のパソコンなど、他の学習方法よりも、コストのかかる部分が多いので、それなりの金額になってしまうのですね。

従って、数十万円かけてでも、Illustrator のノウハウを学んで、自分の仕事や人生に活かしたい! と思い切れる人向けの学習方法でしょう。その覚悟がないと、途中で通うのを辞めてしまったり、Illustrator の学習を諦めてしまった時に、数十万円をドブに捨ててしまうことになるからです…

スクールよりも安価! オンライン講座のメリット

「スクールは費用が高くて手が出ない」という方には、オンライン講座がオススメです。オンライン講座は、Youtube のような動画教材を見ながら学習します。有料で学ぶものがほとんどですが、その代わりに広告が入ることがありません。学習を中断されず、集中して学ぶことができます。

無料で学べるコースは今のところありませんが、スクールに通うよりは安く、数千円程度で受講できます。

さらに、コースによっては、講師に質問することもできるようです(オンライン上でのやりとりのみ)。対面での質問はできませんが、本だけで学ぶ独学と違い、教えてくれる人が存在するのは、大きなメリットと言えます。

特に、既に紹介したUdemy の Illustrator 講座は、経験豊富な講師の動画教材と質問ができる掲示板システムが用意されているので、オススメです。私もサンプルの動画を見ましたが、講師の方は高いスキルをお持ちのようです。

スクールに通うのをためらう方は、Udemy から始めてみてはどうでしょうか?