プロがよく使うPhotoshop・Illustratorショートカット厳選98個

目次
  1. 1. Photoshop Illustrator 共通
    1. 1.1. キャンバス/アートボードの視野拡大
    2. 1.2. キャンバス/アートボードの視野縮小
    3. 1.3. キャンバス/アートボードのスクロール
    4. 1.4. キャンバス/アートボードの拡大率をウインドウサイズに合わせる
    5. 1.5. キャンバス/アートボードの拡大率をピクセル等倍にする
    6. 1.6. 直前の操作を取り消す
    7. 1.7. さらに操作を取り消す
      1. 1.7.1. Illustrator
      2. 1.7.2. Photoshop
    8. 1.8. 取り消した操作をやめる
      1. 1.8.1. Illustrator
      2. 1.8.2. Photoshop
    9. 1.9. 数値ボックスの数値を 1 or 10 ずつ変化させる
    10. 1.10. 数値ボックスの数値をマウスドラッグで変化させる
    11. 1.11. 文字ツール
    12. 1.12. 文字の大きさを拡大縮小する
    13. 1.13. 文字の大きさを一気に拡大縮小する
    14. 1.14. 行間を広げる or 縮める
    15. 1.15. 行間を一気に広げる or 一気に縮める
    16. 1.16. 文字間を詰める
    17. 1.17. 特定の文字間を詰める
    18. 1.18. 一文字ずつ選択する
    19. 1.19. 行頭まで選択する
    20. 1.20. 行末まで選択する
    21. 1.21. 全文選択する
    22. 1.22. 文字レイヤーの編集を確定させる
    23. 1.23. 文字レイヤーの編集内容を破棄する
    24. 1.24. ブラシのサイズを拡大縮小する
    25. 1.25. ブラシの硬さを調節する
    26. 1.26. 水平 or 垂直方向に限定して移動
    27. 1.27. 縦横の比率を維持しながら拡大縮小
    28. 1.28. アンカーポイントを中心に拡大縮小
    29. 1.29. アンカーポイントを中心に縦横の比率を維持しながら拡大縮小
    30. 1.30. 他の開いてるドキュメントに移動する
  2. 2. Photoshop
    1. 2.1. 移動ツール
    2. 2.2. パスコンポーネント選択ツール/パス選択ツール
    3. 2.3. ペンツール
    4. 2.4. ブラシツール
    5. 2.5. スポイトツール
    6. 2.6. クイックマスク
    7. 2.7. なげなわツール / 多角形選択ツール
    8. 2.8. 長方形選択ツール / 円形選択ツール
    9. 2.9. コピースタンプツール / パターンスタンプツール
    10. 2.10. 長方形ツール / 角丸長方形ツール / 楕円形ツール / 多角形ツール / ラインツール / カスタムシェイプツール
    11. 2.11. 描画色を黒、背景色を白にする
    12. 2.12. 描画色と背景色を反転
    13. 2.13. グラデーションツール
    14. 2.14. 切り抜きツール
    15. 2.15. レイヤーを同じ位置で複製
    16. 2.16. レイヤーをドラッグしながら複製
    17. 2.17. レイヤーを削除
    18. 2.18. 新規レイヤーを作成
    19. 2.19. カンバス上でレイヤーを選択
    20. 2.20. 今選択しているレイヤーのひとつ上または下のレイヤーを選択
    21. 2.21. 今選択しているレイヤーを、ひとつ上に移動または下に移動
    22. 2.22. 今選択しているレイヤーを、一番上に移動または下に移動
    23. 2.23. レイヤーの表示・非表示
    24. 2.24. 特定のレイヤーだけ表示・非表示
    25. 2.25. 色の反転
    26. 2.26. 画像解像度を変更
    27. 2.27. カンバスサイズを変更
    28. 2.28. 複製
    29. 2.29. カンバスの回転
    30. 2.30. 新規べた塗りレイヤー
    31. 2.31. レイヤーマスクの作成
    32. 2.32. レイヤースタイルのコピー or ペースト
    33. 2.33. 全部のレイヤーを統合
    34. 2.34. 現在表示されているレイヤーを統合したレイヤーを新規に作成
    35. 2.35. レイヤーグループの作成
    36. 2.36. レイヤーグループの解除
    37. 2.37. レイヤーのコピー or ペースト
      1. 2.37.1. 同じ位置にペーストしたい時
    38. 2.38. レイヤーの形で選択範囲を取る
    39. 2.39. 選択範囲の解除
  3. 3. Illustrator
    1. 3.1. 選択ツール
    2. 3.2. ダイレクト選択ツール
    3. 3.3. ペンツール
      1. 3.3.1. アンカーポイントの追加
      2. 3.3.2. アンカーポイントの削除
      3. 3.3.3. アンカーポイントのハンドルを再度引き直す
    4. 3.4. 長方形ツール
    5. 3.5. 楕円形ツール
    6. 3.6. ブラシツール
    7. 3.7. 回転ツール
    8. 3.8. 線幅ツール
    9. 3.9. 自由変形ツール
    10. 3.10. メッシュツール
    11. 3.11. スポイトツール
    12. 3.12. グラデーションツール
    13. 3.13. 棒グラフツール
    14. 3.14. 塗りを白、線を黒にする
    15. 3.15. 塗りと線の選択状態を入れ替える
    16. 3.16. 塗りと線の色を入れ替える
    17. 3.17. 塗り、または線を透明にする
    18. 3.18. バウンディングボックスの表示/非表示
    19. 3.19. スマートガイドの ON/OFF
    20. 3.20. オブジェクトのロック
    21. 3.21. オブジェクトのロック解除
    22. 3.22. オブジェクトの非表示
    23. 3.23. オブジェクトの非表示解除
    24. 3.24. 選択したオブジェクトをガイドにする
    25. 3.25. オブジェクトガイドの全解除
    26. 3.26. ガイドの表示/非表示
    27. 3.27. ガイドのロック/ロック解除
    28. 3.28. クリッピングマスクの作成
    29. 3.29. クリッピングマスクの解除
  4. 4. まとめ

どうも、エスケーです。普段、Photoshop や Illustrator 使い、放送用の CG を作る仕事をしています。

過去、生放送の現場が多かったので、分単位の納期でグラフィックを作ることもありました。そんな時に大変力になったのが、ショートカットです。

ショートカットを使いこなすことによって、作業時間を半分にまで減らせることもありました。普段から Photoshop や Illustrator を使っている人は、ショートカットを使いこなすことで、作業効率が大幅にアップすることもあると思います。

この記事では、私がメインにつかっているショートカット 96 個をご紹介します。

Photoshop Illustrator 共通

キャンバス/アートボードの視野拡大

  • Mac: Space + Command
  • Windows: Space + Ctrl

キャンバス/アートボードの視野縮小

  • Mac: Space + Command + Option
  • Windows: Space + Ctrl + Alt

キャンバス/アートボードの拡大縮小は Command + + / Command + -を使うとするネット上の情報も多いが、右手をマウスから離す必要がある。

Space + Command / Space + Command + Option の場合、左手だけで完結できるため、こちらのほうがオススメ。

キャンバス/アートボードのスクロール

  • Mac/Windows: Space + ドラッグ

キャンバス/アートボードの拡大率をウインドウサイズに合わせる

  • Mac: Command + 0
  • Windows: Ctrl + 0

キャンバス/アートボードの拡大率をピクセル等倍にする

  • Mac: Command + 1
  • Windows: Ctrl + 1

直前の操作を取り消す

  • Mac: Command + Z
  • Windows: Ctrl + Z

他のアプリケーションでも使われている一般的なショートカット

さらに操作を取り消す

このショートカットは Photoshop と Illustrator で異なる。

Illustrator

  • Mac: Command + Z  を繰り返す
  • Windows: Ctrl + Z  を繰り返す

Command(Ctrl)+ Z を繰り返し押すことで、直前のさらにその前の操作をどんどん取り消していってくれる。

Photoshop

  • Mac: Command + Option + Z
  • Windows: Ctrl + Alt + Z

Photoshop では、Command(Ctrl)+ Z を押し続けても、直前の操作と現在の状態を行き来するだけとなる。

2 つ以上前の操作に戻したい時は、Option を追加してやる必要がある。

取り消した操作をやめる

Command(Ctrl)+ Z の逆。

Illustrator

  • Mac: Command + Y
  • Windows: Ctrl + Y

Command(Ctrl) + Z を押した回数分、Command(Ctrl) + Y を押せば、最新の状態に戻る。

Photoshop

  • Mac: Command + Shift + Z
  • Windows: Ctrl + Shift + Z

数値ボックスの数値を 1 or 10 ずつ変化させる

例えば、文字パネルの長体率などを、いきなり決め打ちなのではなく、数値を変化させながら形状を見てみたい場合。

数値ボックスにカーソルが入っている状態で、

  • Mac/Windows 共通: ↑ or ↓

↑ で、+1、↓ で-1。Shift + ↑ で+10、Shift + ↓ で-10。

数値ボックスの数値をマウスドラッグで変化させる

数値ボックスにカーソルが入っている状態で、

  • Mac: Command + ドラッグ
  • Windows: Ctrl + ドラッグ

文字ツール

  • Mac/Windows 共通: T

Text の T だね。

文字の大きさを拡大縮小する

文字を選択した状態で、

  • Mac: Command + Shift + < or >

  • Windows: Ctrl + Shift + < or >

文字を選択した状態で使うショートカット。
<で縮小、>で拡大。

文字の大きさを一気に拡大縮小する

文字を選択した状態で、

  • Mac: Command + Shift + Option + < or >
  • Windows: Ctrl + Shift + Alt + < or >

先程のショートカットに Option(Alt)を混ぜることにより、文字を一気に拡大縮小させることができる。

行間を広げる or 縮める

文字を複数行選択した状態で

  • Mac: Option + ↑ or ↓
  • Windows: Alt + ↑ or ↓

行間を一気に広げる or 一気に縮める

文字を複数行選択した状態で

  • Mac: Control + Option + ↑ or ↓
  • Windows: Ctrl + Alt + ↑ or ↓

先程のショートカットに、Control(Ctrl)を混ぜることにより、行間を一気に広げたり縮めたりできる。

文字間を詰める

文字を複数選択した状態で

  • Mac: Option + ← or →
  • Windows: Alt + ← or →

特定の文字間を詰める

文字と文字の間にカーソルが入った状態で

  • Mac: Option + ← or →
  • Windows: Alt + ← or →

一文字ずつ選択する

  • Mac/Windows 共通: Shift + ← or →

文字系のショートカットを使って文字の編集をしている様子

行頭まで選択する

  • Mac: Command + Shift + ←
  • Windows: Shift + Home

macOS のショートカットとして、Command + ← が、Windows の Home に相当なんだよね。

行末まで選択する

  • Mac: Command + Shift + →
  • Windows: Shift + End

これも、macOS のショートカットが、Command + → が End に相当するため。

全文選択する

文字レイヤーにカーソルが入っている状態で

  • Mac: Command + A
  • Windows: Control + A

文字レイヤーの編集を確定させる

  • Mac: Command + return
  • Windows: Ctrl + Enter

文字レイヤーの編集内容を破棄する

文字レイヤーにカーソルが入っている状態で

  • Mac/Windows 共通: Esc

Command + Z だと 1 段階戻ってしまうが、Esc だと、文字レイヤーにカーソルを入れた段階からのすべての作業をキャンセルする。うっかり押し間違えないように気をつけたい。

ブラシのサイズを拡大縮小する

  • Mac/Windows 共通: [ or ][で縮小、]で拡大。

ブラシツールでなく、ブラシと同じ使い方をする他のツールでも同じ。例えば、Photoshop のスタンプツールとか、覆い焼きツールとか。

ブラシの硬さを調節する

  • Mac/Windows 共通:Shift + [ or ][で柔らかい、]で硬い。

水平 or 垂直方向に限定して移動

  • Mac/Windows 共通: Shift キーを押しながらドラッグ

縦横の比率を維持しながら拡大縮小

  • Mac/Windows 共通: Shift キーを押しながらバウンディングボックスをドラッグ

アンカーポイントを中心に拡大縮小

  • Mac: Option キーを押しながらバウンディングボックスをドラッグ
  • Windows: Alt キーを押しながらバウンディングボックスをドラッグ

アンカーポイントを中心に縦横の比率を維持しながら拡大縮小

  • Mac: Option + Shift キーを押しながらバウンディングボックスをドラッグ
  • Windows: Alt キー + Shift キーを押しながらバウンディングボックスをドラッグ

これ、結構よく使う。便利。

他の開いてるドキュメントに移動する

  • Mac: Command + Tab
  • Windows: Ctrl + Tab

複数のドキュメントを開いて作業している時は便利。

Photoshop

移動ツール

  • Mac/Windows 共通: V

パスコンポーネント選択ツール/パス選択ツール

  • Mac/Windows 共通: A

通称、黒矢印
パス選択ツール(通称白矢印)とは、Shift + A で切り替え。

ペンツール

  • Mac/Windows 共通: P

Pen の P から。
A や Shift + A と組み合わせて使うこと多し。

ブラシツール

  • Mac/Windows 共通: B

Brush の B

スポイトツール

  • Mac/Windows 共通: I

スポイトの形状に似ているから I?

クイックマスク

  • Mac/Windows 共通: Q

Quick の Q

なげなわツール / 多角形選択ツール

  • Mac/Windows 共通: L

なげなわのことを、英語で Lasso と呼ぶから。
多角形選択ツールとの切り替えは、Shift + L

長方形選択ツール / 円形選択ツール

  • Mac/Windows 共通: M

Mask の M か?
円形選択ツールとの切り替えは、Shift + M

コピースタンプツール / パターンスタンプツール

  • Mac/Windowvs 共通: S

Stamp の S。多分
パターンスタンプツールとの切り替えは、Shift + S

長方形ツール / 角丸長方形ツール / 楕円形ツール / 多角形ツール / ラインツール / カスタムシェイプツール

  • Mac/Windows 共通: U

Unit の U かな?

各ツール間の切り替えは、Shift + U

描画色を黒、背景色を白にする

  • Mac/Windows 共通: D

一発で黒を出したい時に。

描画色と背景色を反転

  • Mac/Windows 共通: X

すぐに白を出したい時は、D→X のコンボで。

グラデーションツール

  • Mac/Windows 共通: G

レイヤーマスクでグラデーションを引きたい時に

切り抜きツール

  • Mac/Windows 共通: C

レイヤーを同じ位置で複製

複製したいレイヤーを選択した上で、

  • Mac: Command + J
  • Windows: Ctrl + J

レイヤーをドラッグしながら複製

複製したいレイヤーを選択した上で、

  • Mac: Option + ドラッグ
  • Windows: Alt + ドラッグ

レイヤーを削除

選択ツールの状態かつ、削除したいレイヤーを選択した上で、

  • Mac: delete
  • Windows: BackSpace or Delete

新規レイヤーを作成

  • Mac: Command + Shift + Option + N
  • Windows: Ctrl + Shift + Alt + N

カンバス上でレイヤーを選択

選択ツールの状態で、

  • Mac: Command + クリック
  • Windows: Ctrl + クリック

今選択しているレイヤーのひとつ上または下のレイヤーを選択

  • Mac: Option + ](上)or [(下)
  • Windows: Alt + ] (上)or [(下)

今選択しているレイヤーを、ひとつ上に移動または下に移動

  • Mac: Command + ](上)or [ (下)
  • Windows: Ctrl + ](上)or [ (下)

今選択しているレイヤーを、一番上に移動または下に移動

  • Mac: Command + Shift + ](上)or [ (下)
  • Windows: Ctrl + ](上)or [ (下)

レイヤーの表示・非表示

  • Mac: Command + ,(カンマ)
  • Windows: Ctrl + ,(カンマ)

特定のレイヤーだけ表示・非表示

  • Mac: Option キーを押しながら、レイヤーパネルの目玉アイコンをクリック
  • Windows: Option キーを押しながら、レイヤーパネルの目玉アイコンをクリック

色の反転

  • Mac: Command + I
  • Windows: Ctrl + I

レイヤーマスクの黒と白を逆転させたい時とかに

画像解像度を変更

  • Mac: Command + Option + I
  • Windows: Ctrl + Alt + I

画像を縮小したい時に

カンバスサイズを変更

  • Mac: Command + Option + C
  • Windows: Ctrl + Alt + C

複製

  • Windows のみ: Alt + I → D
    既存のファイルを元に、別のデザインファイルを作りたい時などに

カンバスの回転

  • Windows のみ: Alt + I → G → 1 or 9 or 0
    1 だと 180 度回転、9 だと時計回りに 90 度、0 だと反時計周りに 90 度。
    スキャンした画像が正しい向きじゃなかった時などに

新規べた塗りレイヤー

  • Windows のみ: Alt + L → Y → O
    とりあえず単色の背景を作りたい時とかに

レイヤーマスクの作成

レイヤーマスクを作りたいレイヤーを選択した上で、

  • Windows のみ: Alt + L → M → R
    この後、D→B をコンボすることで、選択しているレイヤーに対してすぐにマスクを設定できる。

レイヤースタイルのコピー or ペースト

コピーしたいレイヤースタイルを持ったレイヤーを選択した上で、

  • Windows のみ: Alt + L → Y → C or V
    よく使う機能なのに、なぜか Windows 用の Alt ショートカットしかない

全部のレイヤーを統合

  • Windows のみ: Alt + L → F
    納品ファイルとかを作りたい時に。複製のショートカットと組み合わせることが多い。

現在表示されているレイヤーを統合したレイヤーを新規に作成

  • Mac: Command + Option + Shift + E
  • Windows: Ctrl + Alt + Shift + E

選択中のレイヤーのすぐ上に作成されるので、作成後、Command + Shift + ]で一番上に持っていくとわかりやすい。

一時的に、今見えている状態をクリップボードにコピーしたい時に使う。Illustrator にあたり画像を渡したい時とか。

レイヤーグループの作成

複数のレイヤーを選択した上で

  • Mac: Command + G
  • Windows: Ctrl + G

レイヤーグループの解除

レイヤーグループを選択した上で、

  • Mac: Command + Shift + G
  • Windows: Ctrl + Shift + G

レイヤーのコピー or ペースト

レイヤーを選択した上で、

  • Mac: Command + C or V
  • Windows: Ctrl + C or V

同じ位置にペーストしたい時

  • Mac: Command + Shift + V
  • Windows: Ctrl + Shift + V

レイヤーの形で選択範囲を取る

  • Mac: Command + レイヤーのサムネイルをクリック
  • Windows: Ctrl + レイヤーのサムネイルをクリック

レイヤーマスクやベクトルマスクのサムネイルをクリックすれば、マスクの形状で選択範囲が取れる。

選択範囲の解除

  • Mac: Command + D
  • Windows: Ctrl + D

Illustrator

選択ツール

  • Mac/Windows 共通: V

ダイレクト選択ツール

  • Mac/Windows 共通: A

ペンツール

  • Mac/Windows 共通: P

アンカーポイントの追加

ペンツールの状態で、パスの上をクリック
(アンカーポイント追加ツールってのがあるけど、何のためにあるのかよくわからない)

アンカーポイントの削除

ペンツールの状態で、アンカーポイントをクリック
(アンカーポイント削除ツールってのがあるけど、これも何のためにあるのか…)

アンカーポイントのハンドルを再度引き直す

  • Mac: ペンツールの状態で、アンカーポイントを Option を押しながらドラッグ
  • Windows: ペンツールの状態で、アンカーポイントを Alt を押しながらドラッグ
    (アンカーポイントツールってのがあるけど、以下略)

長方形ツール

  • Mac/Windows 共通: M

楕円形ツール

  • Mac/Windows 共通: L

ブラシツール

  • Mac/Windows 共通: B

回転ツール

  • Mac/Windows 共通: R

線幅ツール

  • Mac/Windows 共通: Shift + W

自由変形ツール

  • Mac/Windows 共通: E

メッシュツール

  • Mac/Windows 共通: U

スポイトツール

  • Mac/Windows 共通: I

Illustrator のスポイトツールは、色を拾うだけでなく、文字サイズなども取れるので、Photoshop のスポイトツールよりも使用頻度が高い。

グラデーションツール

  • Mac/Windows 共通: G

グラデーションをバーで編集できるので、直感的に編集できる。

棒グラフツール

  • Mac/Windows 共通: J

棒グラフツールとなっているが、後から別のグラフ形状に変更することも可能なので、事実上「グラフツール = J」と言える。

塗りを白、線を黒にする

  • Mac/Windows 共通: D

Photoshop の D に似ている

塗りと線の選択状態を入れ替える

  • Mac/Windows 共通: X

Photoshop の X とは少し違う

塗りと線の色を入れ替える

  • Mac/Windows 共通: Shift + X

Photoshop の X に近い

塗り、または線を透明にする

  • Mac/Windows 共通: /

バウンディングボックスの表示/非表示

  • Mac: Command + Shift + B
  • Windows: Ctrl + Shift + B

スマートガイドの ON/OFF

  • Mac: Command + U
  • Windows: Ctrl + U

スマートガイドが ON になっていると水平垂直が揃いやすい反面、微妙な角度の調整がしづらい。パスのハンドルなど、細かく調整する必要がある場合、都度スマートガイドを ON/OFF 切り替えて操作する時に重宝する。

オブジェクトのロック

  • Mac: Command + 2
  • Windows: Ctrl + 2

複雑にオブジェクトが重なっていて、編集対象以外のオブジェクトを触りたくないときに使用。

オブジェクトのロック解除

  • Mac: Command + Option + 2
  • Windows: Ctrl + Alt + 2

ロックしたオブジェクトをロック解除する。ロックされたオブジェクトのすべてが解除されるため「このオブジェクトはロック解除したいが、別のロックしているオブジェクトは解除したくない」という用途には向かない。その場合は、再度ロックし直す必要がある。この作業が頻繁になる場合は、オブジェクトやレイヤーの構成を見直したほうが良い。

オブジェクトの非表示

  • Mac: Command + 3
  • Windows: Ctrl + 3

オブジェクトが重なりあっていて、上層のオブジェクトが邪魔な時などに使用。オブジェクトのロックと同じく、非表示となったオブジェクトは一切編集できなくなる。

オブジェクトの非表示解除

  • Mac: Command + Option + 3
  • Windows: Ctrl + Alt + 3

オブジェクトの非表示をすべて解除する。挙動はオブジェクトのロック解除と同じ。

選択したオブジェクトをガイドにする

  • Mac: Command + 5
  • Windows: Ctrl + 5

Illustrator は、Photoshop と違い、水平垂直以外に、オブジェクトの形でのガイドを作ることができる。

オブジェクトガイドの全解除

オブジェクトガイドを選択した状態で

  • Mac: Command + Option + 5
  • Windows: Ctrl + Alt + 5

ガイドの表示/非表示

  • Mac: Command + :
  • Windows: Ctrl + :

ガイドのロック/ロック解除

  • Mac: Command + Option + :
  • Windows: Ctrl + Alt + :

クリッピングマスクの作成

マスクしたいオブジェクトを下、マスクしたいオブジェクトが上になった状態を選択した上で、

  • Mac: Command + 7
  • Windows: Ctrl + 7

クリッピングマスクの解除

クリッピングマスクが適用されたオブジェクトを選択した上で

  • Mac: Command + Option + 7
  • Windows: Ctrl + Alt + 7

まとめ

いかがでしょうか。こんなにたくさん覚えられない? 私も最初から全部使いこなせたわけではありません。

業務に必要なショートカットを中心に覚えていったら、今ではこれだけのショートカットを使いこなすようになりました。

まずは、ご自身がよく使う機能のショートカットを覚えるところから、始めてみてください。

きっと「あの機能もショートカットでやりたい」と、ショートカットを覚えたい欲が出てくると思いますよ。

この記事が参考になったら、シェアお願いします!