【フリーランス準備編】年間で払わないといけない税金の類を予め頭に入れておこう

どうも、エスケーです。

好評のフリーランス準備編なのですが、いよいよ税金の話になってまいりました。

ここをうまく使えば利益をしっかり確保できますし、把握していないと、いきなり大きな金額の請求が来て慌てふためくことになります…

なので、しっかり確認していきましょう。

目次
  1. 1. 会社員の場合、税金が天引きされている
  2. 2. フリーランスが払う税金の種類は6つ
    1. 2.1. 所得税
    2. 2.2. 個人事業税
    3. 2.3. 住民税
    4. 2.4. 国民健康保険
    5. 2.5. 国民年金
    6. 2.6. 消費税
  3. 3. まとめ

会社員の場合、税金が天引きされている

会社員として勤務していると、所得税や健康保険は天引きされます。給与明細を見ると、結構な金額が引かれて、手取りが寂しくなる覚えがある人も多いと思います。

フリーランスになると、原則天引きがない(ある場合もあるよ! 後述!)ので、頂いた報酬の中から「後で」税金を払うことになります。

この【後で】ってのがミソですね!

フリーランスが払う税金の種類は6つ

税金を払うのは国民の義務なので、別に社会保険料も含めて記します。

  1. 所得税
  2. 住民税
  3. 個人事業税
  4. 国民健康保険
  5. 国民年金
  6. 消費税

また、車や不動産を所有している人は、固定資産税と自動車税もかかってきますね。

ひとつひとつ見ていきましょう。

所得税

フリーランスや社長さんが、領収書を集めるのはこれが理由のひとつですね。

会社員の場合、経費は会社が持つことがほとんどなので、給与から所得税を後から払うということはありません(払いすぎてて還付、っていうことならあるかもですが)

個人事業税

所得が290万円を超えるとかかってきます。これも、個人事業主版みたいなものです。

住民税

これは馴染みのある方、いらっしゃるかもしれません。住民税は、所得に対してかかってくるものですが、都道府県と市町村に払うものです。会社員の方でも、会社が天引きしてくれる(特別徴収)場合と、自分で後から払う場合(普通徴収)の2パターンがあるので、後から住民税の請求が来てしんどい思いした人も多いかもしれません(私もそうでした)

所得税と同じく、経費の領収書を集めておくと、住民税も減らしていくことができます。

国民健康保険

会社員の場合、会社が指定した健保組合に加入します。会社から保険証が支給されている人は、お給料から健康保険料が天引きされています。その証明なんですね、保険証ってのは。

ところが、会社を辞めてしまうと、その健保組合には原則として入ることができません(任意継続ってのがあるんですが、また別の機会に)

そして、健康保険ってのは国民全員がどこかの健康保険に入らないといけない決まりになっています。健康保険組合はありますが、これもまた別の機会に…)

このフリーランスには結構キツいです…

国民年金

これも、健康保険と同じく、キツいやつです。これも、会社員の人は天引きされてますよね。フリーランスは、自分で払わないといけません。

会社員の場合、厚生年金に入りますが、国民年金は、売上や所得に関わらず、毎月一定の金額です(わかりやすい反面、)

消費税

「え? 消費税ならいつも買い物のときに取られてるんだけど」って思う人もいるかもしれません。あれは、あなたの消費税を、代わりにお店が払ってくれてるんですね。

ですから、あなたもフリーランスとしてお客様から報酬をいただいた時には、そこに消費税をのせて請求し、変わりに納めないといけません。

ただし、消費税を納めないといけないのは、年間1000万円以上の売上になった場合です。それ未満は免税になってます。普通のフリーランスだと、そこまで行くことはないかと思うので、心配しなくても大丈夫です(そんなに売上られるのなら、法人化という話が出てきますよ~ これもまたいずれ)

まとめ

f:id:webyagogo:20180508164055p:plain

  • フリーランスになったら払わないといけない税金や保険の類は、6種類ある。
  • 所得税・住民税・個人事業税は所得に応じて
  • 健康保険は、必ず入らないといけない
  • 国民健康保険は高い。住むところによって変わる。
  • 国民年金の金額は、全国共通
  • 消費税は、売上1000万未満なら払わなくて良い

なんとなくわかりました? 逆にいえば、これだけ抑えておけば、税金関係であたふたする必要がなくなります。

今回は各種税金の概要についてざっくり説明しましたが、また別の機会で、支払い方や支払期限、事業計画や予算の組み方について説明したいと思います。

ではまた~