「制作会社とインハウス」Web業界に就職するなら知っておきたい、就職先企業2つの種類

こんにちは、エスケーです。 この記事は、主に未経験からWeb業界へ就職しようという方向けの記事です。 既にWeb業界で活躍されていたり、Web制作会社へ発注するような立場の方はご存知のことかもしれません。そういう方は、復習がてらお読み頂ければと思います。

目次
  1. 1. Web制作会社
  2. 2. インハウス
  3. 3. 転職するならどちらを目指すべきか…
    1. 3.1. 制作会社の良いところ
    2. 3.2. 制作会社の悪いところ
    3. 3.3. インハウスの良いところ
    4. 3.4. インハウスの悪いところ
  4. 4. 制作会社とインハウス、どっちがいいの?

通常、Web業界に就職したい!と思ったら、

  • Webサイトを作りたい!
  • Webデザインしたい!
  • コーディングしたい!

というような目的意識があると思います。

このような目的意識を、どのような会社で実現するか、ということは大切です。

Web制作会社

Web制作会社とは、クライアント企業からWebサイトの発注を請けて、サイトを納品することを事業としている会社のことです。クライアントのサイトを手がけることを「クライアントワーク」と言います。

例えば「建築家になりたい!」と思って「建築事務所に就職する」という流れに近いです。

制作会社の良いところは、たくさんのクライアントワークに関われるところです。クライアントの業種を限定している制作会社もありますが、そうでない場合は、幅広い業種のサイトを手がけることになります。

色んなデザインに触れたり、色んな種類のサイトに携われるという意味では、この上なくスキルアップが出来る環境です。

インハウス

インハウスとは、一般の企業内部に、Webやクリエイティブ制作(広告やブランディング)の部門を置く方式のことです。この部署に就職すると「インハウスでWebやってます」という言い方になります。

制作会社と違って、1つの会社にがっつりコミットすることになります。その会社の専門性が身につく一方、幅広いデザインを手がけたい、ということは難しいかもしれません。(1社で毛色の違うサイトを複数持っているなら別ですが…)

あと、インハウスに就職すると、必然的に制作会社への発注があります。制作会社では、サイトを依頼されて作るのが仕事ですが、インハウスの場合、仕事を制作会社に依頼するのが仕事のひとつとなります。

転職するならどちらを目指すべきか…

制作会社、インハウス。どちらにも良い点悪い点がありますが、簡単に述べると…

制作会社の良いところ

  • 幅広いデザインに携われる
  • 幅広いWebのサービス(制作だけでなく、リスティング広告とか)に携われる
  • 幅広い業種を知ることができる

などがあります。私が制作会社で経験した上では、特に、色んな会社を知ることが出来たのが勉強になりました。

制作会社の悪いところ

これは一概には言えないのですが、会社に依ります。

  • 残業が多い
  • 業務が定型化されづらい

これは制作会社の事業モデル自体の問題で、別の機会に詳しく掘り下げたいのですが…

概ね制作会社というのはどこも忙しいです。

  • 仕事がたくさんあって忙しい
  • 体制が整っていなくて忙しい

の2つがあると思いますが、体制が整ってない場合は、労務管理ができていない、きちんとした経営戦略が立てられていないなどの課題がある可能性が高いです。

インハウスの良いところ

インハウスは、制作会社に比べて、そこまで忙しくない、と言われてますが、会社や体制によります。が、一般論として制作会社より労務環境が良いのは事実です。なぜなら…

  • 本業がWeb制作以外にあるので、本業が安定していれば、労務環境も良い
  • Webに人を雇う予算を割くだけの企業体力がある

などがあげられます。

一方で、Webからの成果獲得や、ECの場合はモロに売上を追求されるので、のんびり働けるわけではありません。

インハウスの悪いところ

  • 制作の幅が少ない
  • スキル幅が狭まる可能性がある
  • Webに疎い部署との調整(社内政治)が必要

などの点があります。Webのことをどっぷりやるというよりは、Webの強みをもって、その会社の中で実績をどんどん上げていくようなポジションが多いと思います。

制作会社とインハウス、どっちがいいの?

一概に良いとは言えないのですが、労務環境だけで言えば、インハウスのほうが恵まれているところは多いと思います。

一方で、インハウスで人を雇うということは、制作というよりもWebマーケティングの戦略立案や実行目的の人材を必要としているので、単純にデザインだけ、コーディングだけしたい、という人はあまり向かないです。今ある既存のサイトの更新や、せいぜい、ランディングページの新規デザインぐらいでしょうか。

従って、

  • バリバリ色んな案件こなしてスキルつけたい若手→制作会社
  • スキルがついて、ひとつ上のレイヤー(上流)でWebマーケをやりたい→インハウス

という流れだと考えています。

未経験でいきなりインハウス、というのもあり得なくはないですが、若くて体力があるうちは、制作会社でスキル身につけたほうが良いかな、と思います。

この記事が参考になったら、シェアお願いします!